2014年02月04日

配当金の国外送金規制が緩和!

国家外貨管理局は、2014年1月10日付で「資本項目外貨管理政策のさらなる改善及び調整に関する通達」を公布しました。

配当金の国外送金等に係る規制を緩和しており、2014年2月10日から実施されます。

この通達によると、配当金の国外送金額が5万ドル以下の場合は、原則として銀行による書類審査が不要となります。

送金額が5万ドルを超える場合、銀行は董事会決議書や税務届出表を審査しますが、会計監査報告書や出資金払込検査報告書の審査は、原則として不要となります。

また、配当金の年度送金額の上限が撤廃されています。

posted by ユナイテッド・パートナーズ社労士事務所 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国会社設立・中国進出支援